ホーム > 診断・治療 > 大動脈弁狭窄症について

大動脈弁狭窄症について

大動脈弁狭窄症

大動脈弁は左心室と大動脈の継ぎ目のところにあって心臓の拍動に合わせて開閉を繰り返しています。心臓が収縮する時には大きく開いて血液を大動脈に送り出し、心臓が拡張するときにはぴったり閉じて血液が大動脈から心臓に逆流するのを防いでいるのです。


大動脈弁狭窄症の患者さんではこの大動脈弁が硬くなって動きが悪くなっています。その結果、心臓収縮時に弁が大きく開くことができず心臓から駆出される血液の通路が狭くなってしまうのです。この病気が進行すると心臓から全身の臓器に送られる血液が大きく制限されてしまうため狭心症や失神といった重篤な症状が出るようになります。また心臓には狭窄した弁に血液を無理矢理通すための負荷がかかるようになります。その結果少し体を動かしただけで息切れがしたり横になっていても息苦しいなどの心不全症状が出るようになるのです。正常の大動脈弁は弁尖と呼ばれる薄い、扇形をした膜を三枚組み合わせた形をしています。この三枚の弁尖が協調して動くことにより弁が開いたり(右図)閉じたり(左図)することができます。


これに対して大動脈弁狭窄症の大動脈弁ではそれぞれの弁尖が硬く肥厚し心臓の収縮に合わせた自由な動きができなくなっています。また石灰化と呼ばれる硬いカルシウムの塊がびっしりと弁尖に付着していて動きをさらに悪くしています。


このページの一番上へ

診療予定表

交通アクセス

連絡先
荻窪病院
東京都杉並区今川3-1-24
Tel.03-3399-1101

Q&A

| ホーム | 診療科について | 診断・治療 | 治療実績 | 外来について | 入院について | アクセス | お知らせ | Q&A |