ホーム > 診断・治療

診断・治療

動画による治療案内

ご挨拶
自己心膜を利用した手術方法
グルタルアルデハイド処理した自己心膜から三つの弁尖を切り抜き、これらを弁輪に縫い付けて大動脈弁を作製する。

特徴と特色
遠位弓部大動脈瘤
大動脈弁狭窄症の手術前心エコー
弁が硬く肥厚しており可動性がほとんどない。
弁口面積の計測値は0.46平方センチである。

特徴と特色
遠位弓部大動脈瘤
自己心膜を利用した大動脈弁形成術後の心エコー
自己心膜で作成した弁の動きは良好である。
弁口面積は2.46平方センチと大きく増加している

疾患別治療法

ご挨拶
大動脈弁狭窄症
大動脈弁は左心室と大動脈の継ぎ目のところにあって心臓の拍動に合わせて開閉を繰り返しています。心臓が収縮する時には大きく開いて血液を大動脈に送り出し、心臓が拡張するときにはぴったり閉じて血液が大動脈から心臓に逆流するのを防いでいるのです。大動脈弁狭窄症の患者さんではこの大動脈弁が硬くなって動きが悪くなっています。

特徴と特色
遠位弓部大動脈瘤
遠位弓部大動脈瘤の手術は、一般的に胸の左外側を切開し、拡張した大動脈を切開します。そして健常な部位で人工血管と吻合する手術です。手術により、破裂の危険性はなくなります。 人工血管吻合の際に低体温とし、一時的に全身の循環を停止します。そのため、まれに臓器虚血(主に脳梗塞と腎不全)に陥ることがあります。

スタッフ紹介
急性動脈閉塞症
四肢の動脈が、突然閉塞し、手や足が壊疽に陥る怖い病気です。 動脈硬化が原因で動脈が狭くなったところに、血栓が生じ閉塞してしまう場合、もしくは不整脈などで血管内に生じた血の塊が四肢の動脈に飛散する場合があります。

スタッフ紹介
腹部大動脈瘤
正常な腹部大動脈径は、20mm前後です。主に動脈硬化が原因で腹部大動脈が拡張してくることがあります。腹部大動脈径が30mmを超えるものを腹部大動脈瘤と言います。 多くの症例で、症状は見られません。他の疾患や検診の際に偶然、発見されることがほとんどです。激しい腹痛や腰痛を伴う場合には、破裂の兆候と考えられます。破裂すると救命することが極端に困難になります。 腹部大動脈の最大径が40mmを超えてくると、手術治療を考慮します。

スタッフ紹介
閉塞性動脈硬化症
四肢(特に足)を栄養する動脈が狭くなり、閉塞してしまう病気のことを言います。全身の動脈硬化が原因です。 足が冷たく、歩くと足が痛くなり、休むと痛みが消失する症状を認めます。 病気が進行すると壊疽を来し、生命の危機に陥ります。

メール相談

このページの一番上へ

診療予定表

交通アクセス

連絡先
荻窪病院
東京都杉並区今川3-1-24
Tel.03-3399-1101

Q&A

| ホーム | 診療科について | 診断・治療 | 治療実績 | 外来について | 入院について | アクセス | お知らせ | Q&A |